6月21日(日)[フジテレビ]
ザ・ノンフィクション
孤独死の向こう側
~27歳の遺品整理人~

2020-06-15

[放送日時]

2020年6月21日(日)14:00~14:55

 

ザ・ノンフィクション 孤独死の向こう側

~27歳の遺品整理人~

都会で増え続ける孤独死…

その現場に向き合う27歳の遺品整理人…

彼女は目を背けたくなる「死の現場」をミニチュアで再現する…

孤独死の向こう側にある愛と悲しみの物語

 

誰にもみとられることなく自宅で亡くなり、

死後、長らく発見されない人々…
いわゆる “孤独死” が近年増加の一途を辿っている。

そうした中、「孤独死は誰にでも起こりうる」と訴え、

その独特な活動で注目を集める27歳の女性がいる。

遺品整理人の小島美羽さんだ。
彼女は「孤独死の現場」を“ミニチュア”で再現し、

なぜ孤独死が起こるのか、その本質を伝え続けてきた。

そしてきょうも…多発する孤独死の現場に小島さんの姿があった。
遺品整理人は、孤独死などで亡くなった人の部屋を清掃し、

残された遺品の中から、思い出の品を遺族に引き渡すのが勤め。

小島さんが遺品整理人を志したきっかけは、

17歳で父と死別したこと。

「何もしてあげられなかった」という後悔の念から、自分と同じ

境遇にある遺族を救いたいと考えた。

そして2014年、東京・板橋にある遺品整理会社に入社、社長の

増田裕次さんと二人三脚で日々、孤独死の現場と向き合っている。
増田さんは会社を立ち上げ20年、かつては「遺品整理人」と言っ

ても誰も理解してもらえず、「縁起が悪いから近寄るな」と言わ

れたこともあった。孤独死に対する世間の認識は、なかなか変わ

らないまま。

増田さんと小島さん、二人には超えるべき課題が山積していた…

「孤独死をどう伝えていくか」をめぐり、ぶつかる二人…

27歳の遺品整理人が見つめる「孤独死の現場」、

その向こう側にある物語を追った…

出演者

【語り】
吉岡里帆

スタッフ

【演出】
今野利彦

【ディレクター】
木村実咲

【プロデューサー】
菅原剣士郎

【チーフプロデューサー】
西村陽次郎

【制作協力】
オルタスジャパン

【制作著作】
フジテレビ

【番組テーマ曲】
〈曲名〉サンサーラ
〈作詞・作曲〉山口卓馬、書上奈朋子
〈歌〉竹原ピストル

 

 

https://www.fujitv.co.jp/thenonfx/index.html

社長ブログ

    東京アラートの意味
    by 馬鹿社長ブログ「にんにく劇場」
    先日、40数年来の馴染みの飲食店にフラリ行ってみた。東京アラートなる訳の分からぬ警告が出されている折でもあったので、果たして営業しているかどうか分からなかったのだが、幸いなことにお店には灯りが燈ってい・・・続きを読む
    (2020年06月16日)

携帯・スマートフォンサイト

↑携帯・スマートフォン
サイトは、こちらから!

Copyright© 2012 - 2018 株式会社 オルタスジャパン All Rights Reserved.
Powerd by 株式会社TKO