‘放送予定’

1月23日(火)[テレビ東京]
日経スペシャル ガイアの夜明け
「冬のリゾート 集客作戦!」

2018-01-18

[放送日時]
2018年1月23日(火)22:00~22:54
<再放送>
BSジャパン
2018年2月2日(金)18:00~18:54

冬のリゾートといえば、スキー・スノーボードに温泉。
しかし、スキー・スノボ人口は99年の1800万人をピークに、
現在はその3分の1にまで落ち込んでいる。
このままではダメだ…と、スキーやスノボに頼らない
“新たなリゾート”を作ろうと奮闘する、雪国の熱い冬を追った!
プロデューサー:戸田有司
ディレクター:加藤 伸・榎本雪子
アシスタント:紅林拓哉
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/

1月21日(日)[NHK-BS1] 
世界はTokyoをめざす
メイとジュウお菓子工場から羽ばたく夢
~タイ  女子バドミントン~

2018-01-15

[放送日時]

2018年1月21日(日)20:00~20:50

<再放送>

2018年1月23日(火)23:00~23:50

タイ・バンコクのお菓子工場に設立されたバドミントンスクールから、

次々と代表選手が生まれている。

「お母さん」と慕われるオーナーが選手たちに伝えたいものとは?

タイの女子バドミントン選手、パッタラスダ・チャイワン、16歳。

ジュニアの部で世界トップになった注目株だが、自分より年長の相手には

気持ちの面で負けてしまう。

そんな彼女を見守るのは、選手たちから「お母さん」と慕われる

オーナーのカマラ・ソンコーン。

人々に喜んでほしいと、ひたむきにお菓子工場を大きくしてきた。

オーナーには試合の勝敗よりも大切なものがあることを選手たちに

気づいて欲しいことがあった。それは…。

 

【語り】山口智充

1月9日(火)[テレビ東京]
日経スペシャル ガイアの夜明け
シリーズ「激闘 シェア争い!」第3弾
新春!回転寿司ウォーズ

2017-12-27

[放送日時]

2017年1月9日(火)

22時〜22時54分

BSジャパン

2018年1月19日(金)18時〜18時54分

回転寿司が生まれて60年。高級な寿司を庶民のものにするシステムは、瞬く間に世界中に広がっていった。

しかし、そのシェア争いは熾烈を極め、群雄割拠の戦国時代は終わる気配を見せない…。

また、「出張回転寿司」などのユニークなサービスをはじめる店も。

そんな中、2018年に勝負をかける回転寿司チェーンの新戦略を追った!

http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/

プロデューサー 戸田有司

ディレクター 吉村元徳

アシスタント 紅林拓哉

1月9日(火)[NHK-BSプレミアム]
イッピン暮らし彩る縞(しま)模様
~福岡 小倉織~>

2017-12-27

[放送日時]

2018年1月9日(火)19:30~19:59

<再放送>

2018年1月16日(火)6:30~6:59

スタイリッシュなしま模様が魅力的な福岡の小倉織。

美しいだけでなく丈夫なのが特徴だ。

グッドデザイン賞に輝く風呂敷や、

しま模様をアレンジしたアクセサリーを作る

職人たちの繊細な手わざを紹介する。

今でこそ人気の小倉織だが、長い間生産が途絶えた時期があったという。

「幻の織物」とよばれた小倉織を50年ぶりによみがえらせたのは

ある一人の女性だった。

女優の黒谷友香が小倉織に秘められた復活の物語を徹底リサーチする。

 

出演(リポーター):黒谷友香

 

12月30日(土)[NHK-BSプレミアム]
石原裕次郎~日本縦断”西部警察”の舞台裏紀行~(再放送)

2017-12-21

[再放送日時]

2017年12月30日(土)9:00~10:09

派手な爆破に豪快なカーアクション。

「大門軍団」の刑事たちが、凶悪犯罪に立ち向かう不朽の名作『西部警察』。

1979年から5年間、236話が放送された。

最高視聴率25.5%。ド迫力なドラマを生み出したのは、石原裕次郎だった。

全国縦断ロケが行われた20か所から、よりすぐりの場所をペナルティのヒデと

峰竜太が訪ね、ドラマ制作の舞台裏に迫る。思わぬゲストが次々登場。

懐かしさに胸が熱くなる、笑いと涙の69分。

 

【出演】峰竜太,ペナルティ ヒデ,石原良純,【語り】小林清志

 

12月10日(日)[TBS]
情熱大陸
音楽家 原 摩利彦

2017-12-04

[TBS]

[放送日時]

2017年12月10日(日)

23:00~23:30

現代アートから、舞台芸術、映像の世界まで幅広い分野で活躍し、

国内外から広く注目を集めている新進気鋭の音楽家、原摩利彦。

坂本龍一や野田秀樹、美術家名和晃平など、

各分野で活躍する所謂“アクの強い大物たち”が

その音楽性をこぞって絶賛し、仕事の依頼が後を絶たない。

弱冠34歳ながらも、「質感」「静謐さ」を軸に、

彼らの持つ強い個性に負けない音を紡ぎ出すのが特徴だ。

原の作品の多くに使われているのが、“フィールドレコーディング”した環境音。

街中の騒音から、人の足音や話し声など、波や鳥などの自然の音まで、

あらゆる場所で「収集」した音を編集し、楽器の音色とともに再構築していく。

美しい音や気になった音を、日常的に収集する様は、

近くで見ている野田秀樹曰く「子供の頃の石集めのようなもの」。

それが何かに役立つかは重要ではない。ただ好きだから集める。

これまで集めた音は、本人も数え切れないほどだという。

番組では、そんな原が舞台や芸術作品など、

様々なジャンルで新たな音を生み出していく様子に3ヶ月かけて密着。

旅先で出会った音、見知らぬ場所で受けた刺激・・・

それらすべてが原という稀有な才能を通じて一体どんな音楽を

生み出していくのか?

彼が理想とする「音楽」を追い求める姿に迫った。

 

12月10日(日)[NHK-BS1]
世界はTokyoをめざす
五輪の厨房
おもてなしの舞台裏

2017-11-30

[NHK-BS1]

[放送日時]

2017年12月10日(日)20:00~20:49

世界最高峰のアスリートが競うオリンピック・パラリンピック。

その舞台裏では「食」をめぐるもう一つの競争が

繰り広げられている。

選手村の食事は大会の成否を左右すると言っても過言ではない。

その厨房に立つことを夢見る料理人や選手に自慢の食材を食べて

欲しいと願う農家たちなど、

「食のアスリート」が、我こそはと立ち上がっている。

2020年東京大会で掲げた“おもてなし”の精神。

その中心となる「食」の舞台裏を追った。

12月2・9日(土)[NHK総合]
あなたのやさしさを2017
NHK歳末・海外たすけあい

2017-11-28

[NHK総合]

「あなたのやさしさを2017~NHK歳末たすけあい~」

[放送日時]

2017年12月2日(土)17:50~18:10

2017年12月9日(土)23:35~23:45

連続テレビ小説「ひよっこ」に出演した磯村勇斗さんが、

NHK歳末たすけあい」で集まったお金がどう役立てられているか、

支援の現場を訪れる。

京都府共同募金会では府内のこども食堂に

誕生日ケーキを送る取り組みを行っている。

そこには子供たちに最高の思い出となってもらいたい、

と願う人たちの思いがあった。 

磯村勇斗さんが子どもたちへつながる“思い”をたどり、

20代の視線で募金の意義を考えていきます。

「あなたのやさしさを2017~NHK海外たすけあい~」

[放送日時]

2017年12月2日(土)23:35~23:45

2017年12月9日(土)17:50~18:00

連続テレビ小説「ひよっこ」に出演した松本穂香さんが、

NHK海外たすけあい」で集まったお金がどのように

役立てられているか考えていく。

訪れたのは世界中で支援活動を行っている日本赤十字社。

いつでも・どこへでも支援できる体制を目の当たりにする。

また、今年、南アジアで発生した世界最大規模の水害と、

そこでの支援活動を通して、日本赤十字社の支援への思いを知り、

20歳の視線で募金の意義を考えていく。

 

 

 

11月28日(火)[NHK-BSプレミアム]
イッピン
キラキラ まばゆく!
~宮城 仙台のガラス製品~

2017-11-27

[NHK-BSプレミアム]

[放送日時]

2017年11月28日(火)19:30~19:59

<再放送>

2017年12月5日(月)6:30~6:59

赤と白のストライプに市松模様。

鮮やかでポップにデザインされた花器は、

仙台生まれのガラス製品。

色ガラスを組み合わせて作るのだが、

模様が崩れないよう成形するところにガラス作家の驚き技が!

一方、深みのある緑色が魅力のグラスは、

広瀬川の河原から採った

「あるモノ」から生まれるという。その彩りのもととは!?

まばゆいキラメキと彩りで感動を与える万華鏡など、

仙台のガラスのステキな色世界を女優の南沢奈央がリサーチ!

出演(リポーター):南沢奈央

11月24日(金)[NHK-BS1]
アスリートの魂
偉大な先輩を越えたい
フェンシング 男子フルーレ

2017-11-21

[NHK-BS1]

アスリートの魂

偉大な先輩を越えたい

フェンシング男子フルーレ

[放送日時]

2017年11月24日(金)24:00~24:45

<再放送>

2017年11月26日(日)17:00~17:45
<NHK総合>
2017年12月10日(日)24:10~24:55

 

日本のお家芸とも言えるフェンシング・男子フルーレ。

北京・ロンドン五輪の銀メダリスト、太田雄貴が引退した後,

日本を支える若き剣士たちが、世界の強豪に立ち向かう。

欧米の強豪国が居並ぶフェンシング競技の中で男子フルーレは、

北京(個人)・ロンドン(団体)で銀メダルと日本が活躍してきた。

太田雄貴が引退した後の代表チームのキャプテンを任されたのが

“太田2世”と呼ばれる二十歳の大学生・松山恭助だ。

同じ大学生の敷根崇裕、西藤俊哉が世界大会で結果を出して行く中、

松山の焦りが募る。3年後の東京五輪の金メダルに向けて、

負けられない今シーズンのW杯での戦いを見つめた。

[語り] 萩原聖人

プロデューサー 小野裕子
ディレクター  勝俣和仁

 

« Older Entries

社長ブログ

    年齢の不思議
    by 馬鹿社長ブログ「にんにく劇場」
    自分が年寄だとの自覚を持ったのはいつのことか、フト考えた。思い起こすと、37歳のまだまだ働き盛りの頃に、何となくではあったが、人生の曲がり角のような感覚を持ち、自分を見つめ直そうと、当時勤めていたテレ・・・続きを読む
    (2018年01月19日)

携帯・スマートフォンサイト

↑携帯・スマートフォン
サイトは、こちらから!

Copyright© 2012 株式会社 オルタスジャパン All Rights Reserved.
Powerd by 株式会社TKO