‘放送予定’

11月19日(日)[NHK-BS1]
世界はTokyoをめざす
セウォル号 亡き友への誓い
~韓国 女子卓球~

2017-11-13

[NHK-BS1]
世界はTokyoをめざす
セウォル号 亡き友への誓い
~韓国 女子卓球~

[放送日時]

2017年11月19日(日)20:00~20:50

<再放送>

2017年11月28日(火)

23:00~23:50

3年前、韓国のセウォル号事故で多くの犠牲者を出した

高校出身の女子卓球選手がいる。

事故当時は偶然にも全国大会に出場していたため難をのがれた彼女は、

いま、亡くなった親友への思いを胸に東京五輪をめざす。

 

プロデューサー  宮下瑠偉

ディレクター    山本雄平

撮 影          満若勇咲

編 集          鵜飼邦彦

アシスタント     植田朱里

 

 

 

11月9日(木)[NHK総合]
あの日わたしは
証言記録 東日本大震災
岩手県陸前高田市 熊谷浩昭さん

2017-11-06

[NHK総合]

[放送日時]

2017年11月9日(木)10:50~10:55

東日本大震災に遭遇した人々の証言。

岩手県陸前高田市で熊谷浩昭さんは、高台に造成された新しい市街地に、

今年6月、個人商店としては一番乗りで居酒屋を復活させた。

ディレクター 有吉 菜穂子

 

11月6日(月)[NHK総合]
あの日わたしは
証言記録 東日本大震災
岩手県陸前高田市 小田文香さん

2017-11-02

[NHK総合]

[放送日時]

2017年11月6日(月)10:50~10:55

東日本大震災に遭遇した人々の証言。

岩手県陸前高田市の小田文香さんは、図書館職員の夫を津波で失った。

夫の思いを引き継ごうと、司書の資格をとり、図書館職員を目指す。

ディレクター 菅 雄祐

11月5日(日)[TBS]
情熱大陸
森 弘一郎
パフォーミングアーティスト

2017-10-30

[放送日時]

2017年11月5日(日)23:15~23:45

北欧の芸術大国、デンマークを魅了する日本人パフォーミングアーティストに密着!

建築や家具など、独創的な芸術で知られるデンマーク。

舞台芸術においても次々と革新的な表現を生み出すこの北欧の小国で、

女王からも称賛され高い評価を受けている日本人がいる。

ゼンマイ仕掛けのおもちゃのように身体のあちこちのパーツだけを動かしたり、

倒れた状態から逆再生したかのように起き上がったり…

パフォーミングアーティスト・森弘一郎の動きは、ダンスともパントマイムとも言い難い、

まるで重力など存在しないかのような身体表現だ。

10歳の頃、マイケル・ジャクソンに衝撃を受けてダンスを始め、米で修行を積んんだのちに17年前当時、

「舞台芸術の先端」とされていたデンマークに渡った。

そこで“デンマークの鬼才”と呼ばれる、世界に知られる独創的なダンサーであり演出家のスティーンと出会い、

共に作った舞台がこれまでに数々の高い評価を獲得。王立劇場でも公演し、

デンマーク女王から賛辞を送られている。

現在は日本とデンマークを行き来し、外交イベントやサーカス、ジャズフェスティバルなどの舞台や、

ミュージックビデオ・CM出演など幅広く活躍中だ。

番組では今回、森が挑む最新の主演舞台に密着する。デンマークが生んだ世界的作家、

アンデルセンの童話をモチーフとした作品で、美しい声を持つ鳥「ナイチンゲール」を巡って

数奇な運命を辿る中国の皇帝役だ。

舞台のために世界各国から集まった様々なジャンルのパフォーマー達と刺激し合いながら、

果たして森はアンデルセンの世界観をどのように身体で表現するのか。

ヨーロッパの芸術先端国と言われるこの国で、唯一無二の表現を目指してひたむきに走り続ける背中を追った。

ディレクター 申 成晧

 

11月2日(木)[NHK総合]
あの日わたしは
証言記録 東日本大震災
岩手県越前高田市 熊谷光洋さん

2017-10-30

[放送日時]

2017年11月2日(木)10:50~10:55
東日本大震災に遭遇した人々の証言。
岩手県陸前高田市の普門寺では、被災者が心の平穏を取り戻す手助けになればと、
羅漢像を彫る石を用意し、安置する場所を提供している。

ディレクター 有吉菜穂子

10月29日(日)[ファミリー劇場]
AKBネ申テレビ#8
シリーズ26

2017-10-23

[ファミリー劇場]

[放送日時]

#8 2017年10月22日(日)18:00~18:30

#9 2017年10月29日(日)18:00~18:30

#10 2017年11月5日(日)18:00~18:30

#11 2017年11月12日(日)18:00~18:30

AKB48のリアル・ドキュメント・バラエティ!!

ムチャぶり指令が、AKB48メンバー達に降りかかる!・・・

 

10月24日(火)[NHK-BSプレミアム]
イッピン
香り高く!優美に!
~福岡 高取焼~

2017-10-10

NHK-BSプレミアム

[放送日時]

2017年10月24日(火)19:30~20:00

<再放送>

2017年10月31日(火)6:30~7:00

ボディーが丸く、飲み口がキュッと締まったワイングラスのような形状が

飲み物の香りを引き立たてると、

年に5000個を売り上げる人気のカップがある。

江戸時代から茶陶で名をはせた、福岡の高取焼。

いま受け継がれた茶の湯の美意識を昇華させ、さまざまな器が誕生している。

幾重もの色が流れ落ちたような優美な風合いの器や、

「透かし彫り」という技法を用いた雅な菓子器。

知られざる高取焼の魅力に中山エミリが迫る。

10月17日(火)[NHK-BSプレミアム]
イッピン
おいしく!使いやすく!
~新潟 燕の金属製品~

2017-10-10

NHK-BSプレミアム

[放送日時]

2017年10月17日(火)19:30~20:00

<再放送>

2017年10月24日(火)6:30~7:00

素早く火が通るため、手間のかかる料理も短時間でおいしく作れると人気の調理鍋がある。

金属加工の町、新潟県燕市で生まれたイッピンだ。

実は自動車部品を主に製造する会社が作ったというから驚き!

工業デザイナー柳宗理が設計したフライパンは、一風変わった形だが、

そこに主婦が大喜びする知恵が!さらにコーヒーをおいしく入れられると

評判のドリップ用ケトルまで。

燕の金属製品の魅力と人気の秘密を女優藤澤恵麻がリサーチ。

プロデューサー 堂柿 勉

ディレクター  田中 安美

10月1日(日)[TBS]
情熱大陸
ピアニスト 清塚信也

2017-09-26

TBS

[放送日時]

2017年10月1日(日)23:00~23:30

ピアニストとして俳優の顔を持つ34歳“クラッシック界の貴公子”に密着!

その音楽性に影響を与えた女性たちとは・・・

 

端正な顔立ちと華麗なテクニックから“クラッシック界の貴公子”として注目を集める

ピアニストの清塚信也。

幼い頃からピアノの英才教育を受け数々のコンクールで優勝するなど

輝かしい経歴を持つ一方で、

ドラマヤ映画で俳優がピアノを弾くシーンの吹き替え演奏をはじめ、

ドラマ『コウノトリ』では音楽監修に加えて自らも俳優として出演するなど

異色の経歴を持つ34歳だ。

彼が一貫して主張するのは「クラッシックはもっとポピュラーであるべき!

一部の専門家のためにあるべきではない!」ということ。

コンサートでも演奏するだけでなく、ショパンやモーツアルトなどの面白エピソード

を熱っぽく語り(その姿が一心不乱すぎて顧客から苦笑が漏れるほど・・)

何とかクラッシックの裾野を広げたいと日々東方西走している。

カメラを向ければ向けるほど、その姿は“貴公子”というよりむしろ“異端児”であり、

音楽に対する一途な思いはどこか狂気的。取材を進めていくと、

その陰にはピアニスト清塚を支えてきた“二人の女性“があった。

一人は5歳から彼にピアノの英才教育を施した母親の存在。

そのスパルタ指導は半端なものではなく「異常な愛情」といっても

過言ではなかった。

そしてもう一人は彼の師匠であり、世界を魅了した天才ピアニストとして名高い

故・中村紘子。強烈な個性を持つ彼女たちと清塚との間にある、

一般人では想像もし得ない濃厚な「絆」とは?常に独自の路を模索し続ける

異端なピアニストの「今」を見つめる。

 

9月30日(土)[TOKYOMX(東京メトロポリタンテレビ)]
報道特別番組
『沖縄からのメッセージ~基地・ウチナンチュの想い~』

2017-09-20

TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビ)

[放送日時]

2017年9月30日(土)19:30~20:45(TOKYOMX1)

青い海とサンゴ礁、そして豊かな緑に囲まれた南国情緒と独特の文化の香りに包まれた沖縄。しかし、本土復帰から45年経ってなおアメリカ軍基地の多くが残ったままです。復帰後、最大となるはずだった海兵隊普天間飛行場の全面返還(1996 年日米合意)の代わりに、移設先として挙げられた名護市辺野古、また北部山岳地帯(ヤンバル)に広がる北部訓練場の部分返還に伴う、東村・高江へのヘリパット建設問題など、基地問題の背景にはいったい何があるのか?

「非武の邦」といわれた琉球王国時代から廃藩置県による沖縄県へ、第2次世界大戦での沖縄戦とその後のアメリカ軍支配、そして日本復帰という歴史から見えてくる新たな発見を織り込みながら、2017年のいまも基地との共存を背負い続けてきている沖縄県民(ウチナンチュ)の苦悩を探っていきます。

 

プロデューサー:戸田有司

ディレクター :吉岡攻

 

 

« Older Entries

社長ブログ

    ディレクター誕生物語
    by 馬鹿社長ブログ「にんにく劇場」
    いまわが社に、世間の一部から注目を浴びているディレクターがいる。姓は関、名を強、関強という中国国籍の漢民族の男だ。昨年、第32回「ATP賞テレビグランプリ2016」優秀新人賞を受賞し、つい先日、「To・・・続きを読む
    (2017年11月17日)

携帯・スマートフォンサイト

↑携帯・スマートフォン
サイトは、こちらから!

Copyright© 2012 株式会社 オルタスジャパン All Rights Reserved.
Powerd by 株式会社TKO