‘放送予定’

11月9日(土)[NHK-BSプレミアム]
体感!グレートネイチャー
大氷原!変貌する絶景 
~カナディアンロッキー~

2019-10-18

[放送日時]2019年11月9日(土)19:30~21:00
カナダ西部、南北1500キロにも連なるカナディアンロッキー。
標高2500mの山頂付近には、厚さ400mもの氷が張り付く
コロンビア氷原が広がる。
ここから3700もの氷河が流れ、世界有数の氷河地形を作り
出している。
ターコイズブルーに輝く神秘の湖、冬になると水が消える謎の湖、
そして氷の洞窟などを生み出している。
上空、地上、地下などから、不思議な絶景を生み出だす、
氷河地形の全貌をとらえる。
https://www4.nhk.or.jp/greatnature/

10月26日(土)[NHK-BSプレミアム]
馬とともに疾れ
 ~世界一過酷な長距離耐久レース~

2019-10-15

[放送日時]2019年10月26日(土)22:00~23:30

<NHK-BS4K>

2019年10月27日(日)19:00~20:30

14歳の少女が愛馬を駆って、世界一過酷な長距離耐久レース「テヴィスカップ」に挑む!

アメリカ西部のシエラネバダ山脈、ゴールドラッシュに沸くカリフォルニアを目指す人たちが通った

険しい山道を、160キロ先のゴールを目指し、馬と共に夜を徹して走り抜く。

制限時間24時間。急峻な岩場、延々と続く登り坂、深夜に幅50メートルもの川を渡る…。

少女はなぜゴールを目指すのか。そしてライダーたちは何をつかみ取るのか。

 

【語り】林 遣都 / 石橋亜紗アナウンサー

 

プロデューサー  小野裕子

ディレクター   山本雄平

カメラマン    倉渕宏幸

編集       本橋潤一

コーディネーター 伊藤 彩

リサーチ     小田由美子

AD              益田公志郎・中川楓子
https://www4.nhk.or.jp/P6088/https://www4.nhk.or.jp/P6088//

 

10月21日(月)[NHK-BS1]
スポーツ×ヒューマン
ソフトバンク 松田 宣治

2019-10-08

[放送日時]

BS1 本放送   10月21日(月) 午後8時から

BS1 再放送  10月26日(土) 午後0時から

地上波本放送  10月29日(火) 午前2時(月曜深夜)

「ソフトバンク 松田宣浩」クライマックスシリーズで首位西武を破り、

日本シリーズ出場を決めたソフトバンク。歓喜の中心にいるのが、

”熱男”こと松田宣浩選手、36歳だ。3年連続日本一を目指すチーム。

松田は交流戦MVPなど、前半のスタートダッシュに貢献。しかし、

8月になると打撃不振に。チームも失速し、西武の追い上げに屈した。

そして挑んだクライマックスシリーズ。そこには松田の覚悟があった。

熱男のしられざる素顔と熱戦の舞台裏に密着!

http://www4.nhk.or.jp/P5629/

10月15日(火)[NHK-BSプレミアム]
イッピン
曲げて削って 魅惑のカーブ
~岐阜 飛騨の木工製品~

2019-10-08

[放送日時]2019年10月15日(火)19:30~20:00

<再放送>2019年10月22日(火)12:00~12:30

岐阜県の飛騨地方では、古くから曲面を生かした木工製品が作られてきた。

圧力をかけて木を曲げていく技法や、繊細に削っていく方法などによって、

カーブが印象的な製品が生み出されている。刀のさやをモチーフにしたペンケース。

花のつぼみのような形のランプシェード。身体を優しく包み込むモダンな椅子。

どれも試行錯誤を繰り返し、経験を積み重ねた職人技が描いた美しさ。

飛騨の木工製品の魅力を中山エミリさんがリサーチする。

http://www4.nhk.or.jp/ippin/

10月3日(木)[テレビ東京]
日経スペシャル カンブリア宮殿
業界トップを追いかけない!
新市場を切り拓く
新生 湖池屋の挑戦
湖池屋社長 佐藤 章

2019-10-02

[放送日時]2019年10月3日(木)22:00~22:54

販売価格が10年間下がり続け、苦戦を強いられているポテトチップス。

しかし、そのポテトチップス業界で、いま異変が起きている。

業界の圧倒的王者「カルビー」とは一線を画す、素材にこだわった商品を続々と投入し、

菓子業界2位の湖池屋が存在感を増しているというのだ。

実は、かつての湖池屋はスナック菓子業界の万年2位という地位に甘んじて、

王者カルビーの”後追い”を続ける存在だったという。

だが、2016年に社長に就任した佐藤の改革により、新市場を切り拓く新商品を連発し、

湖池屋は一躍注目を集める存在になったのだ。

万年2位の湖池屋に一体何が起こったのか?

再ブレイクを果たした「新生・湖池屋」の新たな挑戦を追った!
https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

9月28日(土)[NHK-BSプレミアム]
穴場ツアー
皇女和宮ゆかりの地
 消えた郷土料理
“さよりめし”のナゾも追う! 

2019-09-24

[放送日時]2019年9月28日(土)18:00~19:00

<再放送>

NHK-BS4K

2019年10月19日(土)7:00~8:00

2019年10月25日(金)16:45~17:45

2019年10月27日(日)15:00~16:00

字工事が全国の穴場をまわるちょっと変わった旅番組!情報源は地元のケーブルテレビ局。今回も楽しい人と場所が次々!

恵那市の市役所では「まわりに迷惑かけるから車の中で練習」という趣味の持ち主に出会う。その爆笑の練習法&発声法とは?築300年の古民家では、93歳と89歳のご夫婦の昔話に耳を傾ける。

戦争中の命がけだった話にはU字工事の背筋が伸びる。

また、消えてしまった郷土料理「さよりめし」の謎も探る!

 

【リポーター】U字工事,【語り】冨永みーな

https://www4.nhk.or.jp/P417/

 

9月17日(火)[テレビ東京]
シリーズ「外食王」第8弾
華麗なるカレー戦争2

2019-09-11

[放送日時]2019年9月17日(火)22:00~22:54

<再放送>BSテレ東

2019年9月27日(金)18:00~18:54

年間100億皿。日本人にとって”国民食”となっているカレー。

その市場を席巻するのは、ルーやレトルトでシェアトップを誇る「ハウス食品」。

傘下にはカレーチェーンのトップ「カレーハウスCoCo壱番屋」を擁する、まさに「王者」だ。 そのハウス食品で極秘プロジェクトが進行していた。

それは、約20年ぶりとなる直営店のオープン。店舗のテーマは「スパイス」。そこには、

カレーを取り巻く環境の変化に対応しようとする王者の戦略があった。

一方、2017年以降、購入額でルーを上回っているレトルトカレー。

その人気を後押ししているのが、地方の名産品を生かした”ご当地カレー”だ。

少額で開発が出来るという手軽さもあり、各自治体がこぞって参入。

しかし、その多くが定着せずに消えていくのが現実だという。

そんな中、20年前から約800種類のご当地レトルトカレーを開発・製造してきた

「ベル食品工業」は、新たに新潟のご当地カレー開発に挑む。 次々と登場する新業態、

続々と発売される新商品…熾烈な競争が続くカレー業界。

その中での生き残りを賭けた闘いを追う。

https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/

 

 

9月10日(火)[NHK-BSプレミアム]
イッピン
神秘のきらめき 多彩な造形~茨城のガラス製品~

2019-09-02

[放送日時]2019年9月10日(火)19:30~20:00

<再放送>2019年9月17日(火)12:00~12:30

茨城県は工芸が盛んな土地で、ガラス工芸もそのひとつ。

県外から作家が集まり、多彩な作品が生まれている。

緻密な模様が施され、優美な輝きを放つクリスタルガラスのグラス。

柔らかな曲線、立体的な表面のグラスにはまるでイチゴのような模様が。

ガラスとは思えない香水瓶は不思議な色合い。光をかざすと美しい輝きが。

多彩な造形の器を作り上げる職人や作家の技や情熱を紹介。

白石美帆さんが茨城のガラス製品の魅力に迫る。

リポーター】白石美帆,【語り】平野義和

https://www4.nhk.or.jp/ippin/

8月25日(日)[NHK-BS1]
世界はTkyoをめざす
病を乗り越え 金メダルを!
~韓国 男子テコンドー~

2019-08-19

[放送日時]2019年8月25日(日)21:00~21:50

<再放送>

2019年9月1日(日)13:00~13:50

韓国の国技・テコンドー界の新星、イン・ギョドン。

5年前、リンパがんに見舞われたが、

闘病を続けながら世界ランク2位に。

得意の後ろ回し蹴りで、東京五輪で金をねらう!

プロデューサー 宮下瑠偉

ディレクター  中谷有美

カメラマン   大久保千津奈

編集      本橋潤一

AD      古川祐佳

https://www4.nhk.or.jp/sekaimezasu/

8月13日(火)[NHK-BSプレミアム]
イッピン
かけるだけじゃない!技を生かしたものづくり
~福井メガネ産業~

2019-07-29

[放送日時]2019年8月13日(火)19:30~20:00

「つる」の部分が山なりにカーブを描いていて、かけたときに圧迫感が少ない斬新なデザインのメガネが話題だ。

これはメガネ製造の産地、福井で作られたイッピンで、美しいカーブは熟練の職人が手作業で施したもの。

そして今、メガネ作りの技術を生かし、新たな製品も続々誕生。メガネフレームの素材で作ったスプーンや、

メガネの「つる」の構造を応用したユニークな製品も!?福井のメガネ作りの技を安田美沙子がリサーチする。

 

【リポーター】安田美沙子,【語り】平野義和

 

 

 

« Older Entries

社長ブログ

    働き方改革の波紋
    by 馬鹿社長ブログ「にんにく劇場」
    先日、あるテレビ局の関連会社から、わが社の朝から夕刻までの様子を丸一日見学したいとの要請があり、うちのような会社で良ろしければ、いつでもどうぞ、ということになった。要請のあった局の関連会社は200人以・・・続きを読む
    (2019年10月04日)

携帯・スマートフォンサイト

↑携帯・スマートフォン
サイトは、こちらから!

Copyright© 2012 - 2018 株式会社 オルタスジャパン All Rights Reserved.
Powerd by 株式会社TKO