株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン 株式会社オルタスジャパン

 

要チェック!の自信作です

バックナンバー ↑



TBS

情熱大陸
松田一希 霊長類学者
  【放送日時】
   2016年12月11日(日)
  23:00~23:30
世界が注目する“テングザル”の若き研究者に密着! ボルネオの森で、謎に包まれたテングザルの新たな生態が明らかに!?
まさに“天狗”を思わせる巨大な鼻に大きくせり出した太鼓腹、、、 一度見たら忘れられない個性的な要望と、10メートル以上もある木から 豪快に川へ飛び込む習性など何かとユニークな“てんぐざる”は、名前こそ広く知られているが その生態は謎に包まれた霊長類だ。 その、世界でも数少ない研究者として近年次々と新たな発見を世に送り出しているのが 霊長類学者の松田一機である。
マレーシアのボルネオ島にだけ生息する野生のテングザルを11年かけて研究室付、 その食生活の嗜好や1日の約8割もの時間を「休息」に費やす習性、さらに霊長類で唯一「反芻」を 行うなど基本的な生態から従来の常識を覆すような発見まで研究成果は多岐に渡る。 それまで主流だったボートの上からの調査ではなく、自らの足で川や森の中に分け入り、 より近くで個体を識別し長時間観察するというスタイルを徹底し、「フィールド調査の鬼」と 呼ばれる38歳だ。
番組ではその知られざる調査生活や、今、マツダが新たに挑んでいるボルネオ島での”ある実験”に密着する。 それは誰もがテングザルに抱く素朴な疑問、、、「なぜこの生き物はこんなにも鼻が大きいのか?」 この根源的な謎を解き明かす可能性を秘めた実験は果たして成功するのだろうか? テングザルの華が巨大な理由は何なのか?世界が中臆する若手研究家の挑戦を追った。

テレビ東京

日経スペシャル ガイアの夜明け
新時代を行く!「企業城下町」
  【放送日時】
   <再放送> BSジャパン
2016年12月9日(金) 18:00~18:54
高度経済成長期、大手企業と下請けの町工場が軒を連ねる 「企業城下町」が日本各地に生まれた。 しかし、生産拠点の海外移転などにより町工場は衰退の一途、 町の人々の活気も薄れていった。 そんな中、大企業に依存することなく、培った技術力を武器に生き残りをかける 中小企業も登場してきた。 日本経済を支えてきた企業城下町で生きる人々の姿を通して、 変わりゆく企業城下町の今を見つめる。

Yahooニュース!特集
イノシシ猛襲 被害止まらず
 勝てるか人間
  「イノシシが農作物を荒らすから、もう農家はいい」 「このままなら農家はダメになる」─。
本州や四国、九州の農家を訪ねると、そんな声が途切れない。 高齢化や過疎化の影響で、ただでさえ農家の経営は厳しいのに、 そこをイノシシが襲うからだ。田畑を荒らし、農作物に被害を与え、 農家から意欲も奪い取る。
シカやサルなども含めた鳥獣被害は全国で年間約200億円に達し、 イノシシ被害はそのうち50億円強にもなる。 専門家が「明治以降で野生生物の力が一番強い」と言い切る現在。 「人間VSイノシシ」の最前線で何が起きているのか。 解決の糸口はあるのか。

Yahooニュース!特集
変わりゆく「右翼」”愛国”の現場から
  日本の右傾化が言われて久しい。ただ、「街宣車」「戦闘服」といった“右翼スタイル”を あまり見かけなくなったな、と感じる人も多いのではないか。 実は、右翼団体のメンバーは高齢化が進み、若い世代はほとんど活動に参加していないのだという。ネット上では右翼的で過激な言論が飛び交い、街頭でも極端な「ヘイトスピーチ」が目立つ時代。 そんな現在を右翼団体はどんな思いで見詰めているのだろうか。 古くから「愛国」を掲げてきた右翼は、いま―。



社長ブログ

    お金の流れに人は流れる
    by 馬鹿社長ブログ「にんにく劇場」
    戦後の日本は敗戦の焦土から懸命に立ち上がり、奇跡とも云われる復興を成し遂げた。そして、一億総中流と称される社会を作り、しばらくそんな状態が続いた。特別の大金持ちもいなければ、それほど極端な貧乏人もいな・・・続きを読む
    (2016年09月16日)

携帯・スマートフォンサイト

↑携帯・スマートフォン
サイトは、こちらから!

Copyright© 2012 株式会社 オルタスジャパン All Rights Reserved.
Powerd by 株式会社TKO